リプロスキン

リプロスキンについて調べてみると口コミなどでは賛否両論あり、効果があるのないのか分からない人もいるかもしれません。

 

リプロスキンに関する口コミから分かることでも紹介しているように、効果を実感している人はしっかりとニキビの悩みを解消したにのに対して、肌との相性が合わず、肌荒れを引き起こしてしまった人も一部にはいます。

 

ですがリプロスキンを使ったことでニキビの悩みを解消できた人がいるのもまた事実。

 

ではリプロスキンがなぜニキビ跡に効果的なのか?それについて詳しく解説していきます。

リプロスキンに含まれている成分

リプロスキンがニキビ跡の改善に効果的な最大の理由はリプロスキンに含まれている成分にあります。

 

リプロスキンにはグリチルリチン酸ジカリウムやプラセンタエキスなどの有効成分の他にも、保湿やニキビ予防に効果的な成分が多数含まれています。

 

 

こうした成分の働きによって、ニキビができにくい柔らかく健やかな肌に変えていくことができるのです。

 

 

ニキビができにくい肌はすぐにはできない?

 

肌は一定の周期によって傷ついた古い肌を取り除き、新しい肌に変えていく『ターンオーバー』を行うのですが、この時新しい肌がすでに汚れていたり傷ついたりしているとそれが原因でニキビができたり黒ずんだ肌になってしまいます。

 

リプロスキンはこうした新しい肌が表面に綺麗な状態で表れるようにするために使うものなので、使ってすぐに肌が綺麗になることはありません。

 

一般的にターンオーバーは28日で古い肌から新しい肌に変わると言われています。

 

 

もちろん肌の角質の度合いによってはターンオーバーを数回繰り返さないと綺麗な肌にならない場合もあるため、ニキビ跡を完全に消し去るにはそれなりに時間がかかることを理解して使うようにしましょう。

リプロスキンと他のニキビ用化粧品との違い

リプロスキンの最大の特徴は、ターンオーバーの働きがうまくいくように助けてくれる化粧水だということ。

 

ニキビケア用品の多くにはニキビの原因となる『アクネ菌』の繁殖を防ぐための殺菌剤や静菌剤が配合されているのですが、肌が弱い人だと、こうした成分の刺激が強すぎてヒリヒリしたり炎症を起こしたりすることがあります。

 

それに対してリプロスキンは、ニキビの原因を無理やり潰すのではなく、肌のターンオーバーを正常に行うよう促進することで、肌の内側からニキビを解消していくことができるため、綺麗にニキビを治すことができる一方、新しいニキビもできにくい肌になるのです。

 

またターンオーバーを正常に行うようになるため、ニキビ以外の肌トラブルにも効果を実感することができます。

 

即効性のあるニキビケア用品は確かにありますが、刺激が強いため、使い方を間違えたり肌が弱いとかえって逆効果になることがあります。

 

リプロスキンは、肌の内側から正しい状態に改善することによって、ニキビだけでなくあらゆる肌トラブルにも強い肌に変えていくための化粧水なのです。

 

 

>>リプロスキンの効果をチェックする