リプロスキン 効果的な使い方

リプロスキンはニキビが治った後に使うと効果を発揮する化粧水です。

 

しかしその効果を実感するためには効果的な使い方をする必要があります。

 

ではその効果的な使い方とは具体的にはどういったものなのか?

 

ポイントは次の通りです。

 
1回の適量を守る

 

リプロスキンは1回当たりの使う量を少なくすると、当然効果は実感しにくくなりますが、実は多すぎても、肌を弱らせてしまうため、良くないと言われています。

 

ですので、1回における使用量は“多すぎず少なすぎず”を心掛けてください。

 

適量なのは1回使うにあたって7〜10滴ほど。

 

これを1日2回(朝と夜)の洗顔直後に行ってください。

 

 

ローションを温めながら顔になじませる

 

リプロスキンは体温で温めながら使うことによって肌への浸透力が高まるので、両手の手のひらでローションを温めから顔になじませるように塗ってください。

 

 

押し込むようにしっかりと浸透させる

 

顔全体に塗るだけではリプロスキンが肌に完全に浸透していきませんので、押し込むようにしながらしっかりと浸透させていきましょう。

 

この時、手のひらで優しく包み込むようにするのがポイントです。

 

また、気になる部分には適量内で2〜3度づけすると効果が高まります。

 

 

リプロスキンの効果を実感できない使い方

 

先ほどリプロスキンの効果的な使い方を紹介しましたが、上記のポイントを1つでも怠ると肌への効果の実感度合いは決して高くありません。

 

冷静に考えれば当然で、きちんと使ってこそ肌に効果を与えられるものを間違った使い方をすれば効果は実感できず、それどころか逆に肌を傷つけてしまうことだってあります。

 

さらに、使い方以外にも次のようなことをすると、リプロスキンの効果はあまり実感できなくなります。

 

 

  • 気分によって使う日と使わない日がある
  • 1日2回の使用を徹底していない
  • 1回当たりの使う量を渋っている
  • すぐに効果が表れると思って使っている

 

 

上の項目に1つでも該当すると、途端に効果の実感具合が落ちてしまいます。

 

リプロスキンに含まれるニキビに効果がある成分でも紹介しているように、リプロスキンにはニキビの治った肌に効果的な成分が含まれているため、よほど肌との相性が悪い人でない限り、遅かれ早かれ効果を実感することができると思います。

 

お金と時間を無駄にしないためにも、効果的な使い方を徹底し、リプロスキンの正しい効果を実感しましょう。

 

 

>>リプロスキンの効果をチェックする